綺麗になるためにブライダルインナーを使用

ドレスを美しく

ドレス姿を美しく見せるインナー

 ドレスが決まったらまず選びたいのがブライダルインナー。ブライダルインナーは普通の下着と違って、ドレス姿を美しく見せてくれます。最近では通販で購入することもできますが、やはり体に合ったものを身に着けた方がフィット感があり、安心して結婚式・披露宴の時間を過ごすことができます。きちんと自分のサイズを測ってもらうためにも、一度お店に足を運んでみるのが肝心です。  とはいえ、式場などから紹介されるオーダーメイドのブライダルインナーは、30,000円〜50,000円と高額です。一度しか着ないのにそんなにお金をかけられないと思う人もいるでしょう。そこでおすすめなのが、ビスチェやブラとウエストニッパーなど、上半身のみ専用のものを用意し、下半身は普通の下着を用意するという方法です。上半身の補正力はブライダルインナーに勝るものはありませんが、フレアパンツやロングガードルはドレスに隠れるので市販品でもあまり影響がありません。また、フィッティングサロンを持つオンラインショップもあり、10,000円前後から体に合ったものを購入することができます。一度近くにないか調べてみるのもいいでしょう。

ブライダルインナーの種類

 ブライダルインナーは、もともと欧米文化で作られたウェディングドレスを、日本人が素敵に着こなすために開発されました。ドレスに合うように体を補正してくれるので、メリハリのあるプロポーションを実現できます。代表的なものとして、ブラとウエストニッパー、ガーターベルトが一つになったスリーインワンと呼ばれるもの、ブラとウエストニッパーが一緒になったビスチェタイプ、フロントとサイドにボーンが入ったロングブラジャーなどがありますが、最近では背中が大きく開いたドレスに対応できるバックレスタイプのものや、ビスチェタイプのドレスに対応できるストラップレスのものなど種類も様々です。ドレスに合わせて使うインナーも変わりますので、ドレスを決めてからインナーを購入するようにしましょう。  結婚式終了後は、パーティードレスやワンピースを着る際に使用したり、ウエストニッパーを産後の体型戻しに使ったりすることもできます。是非、自分の体に合ったインナーを購入してみてください。

 ブライダルインナーは、もともと欧米文化で作られたウェディングドレスを、日本人が素敵に着こなすために開発されました。ドレスに合うように体を補正してくれるので、メリハリのあるプロポーションを実現できます。代表的なものとして、ブラとウエストニッパー、ガーターベルトが一つになったスリーインワンと呼ばれるもの、ブラとウエストニッパーが一緒になったビスチェタイプ、フロントとサイドにボーンが入ったロングブラジャーなどがありますが、最近では背中が大きく開いたドレスに対応できるバックレスタイプのものや、ビスチェタイプのドレスに対応できるストラップレスのものなど種類も様々です。ドレスに合わせて使うインナーも変わりますので、ドレスを決めてからインナーを購入するようにしましょう。  結婚式終了後は、パーティードレスやワンピースを着る際に使用したり、ウエストニッパーを産後の体型戻しに使ったりすることもできます。是非、自分の体に合ったインナーを購入してみてください。