綺麗になるためにブライダルインナーを使用

記念の指輪

婚約指輪を贈る理由と選び方とは

結婚が決まると婚約指輪を助成に贈ったりしますが、購入方法は人それぞれですが、既製品を購入したりまたオーダーメイドで購入するのが殆どかと思います。 オーダーシステムの指輪だと納期は1ヶ月以上かかるのが普通ですので、例えば結納をする際にお披露目する場合は余裕を持ったスケジュール調整が必要です。 婚約指輪は以前は給料の3ヶ月分と言われていましたが、最近は値段にとらわれることなくデザインや女性の好みで決める事が多いようです。 何故なら結婚後はほとんど日の目が当たらない婚約指輪ですが、普段使いができるものだと大変重宝します。 また購入後もサイズ直しやクリーニングのサービスを行ってくれるのかも確認したほうが良いでしょう。

婚約指輪を贈る意味を知っておく

基本的には結婚の約束をした記念に男性から女性に贈る指輪のことです。固い絆を象徴するダイヤモンドや美しい石を装飾している指輪が多いです。 婚約指輪を贈るタイミングは人それぞれですが、一般的にはプロポーズの時や、結納までに準備することが多いようです。 そこで婚約指輪を薬指にはめる理由は古代エジプトの言い伝えからです。心臓につながっている左手の薬指は愛のパワーが流れていると信じられており、永遠の愛を誓うために左手の薬指に指輪をする風習ができたそうです。 その様な歴史を知るだけでも、婚約指輪の重みが分かりまた二人の永遠の愛を誓うのにふさわしい指輪と言えそうです。 あとは二人の好みに合う一生の想い出となるような指輪を選びたいものです。